2018年11月28日

【マルチスケール ベース】ファンドフレット ベースって何?  10万円 【ファンフレット ベース】FANNED FRET BASS


なかなか名称が固定化(収束)しない 

以前は 1本のエレキベースに複数のスケールが使われることから、マルチスケールベースと呼ばれることが多かった気がしますが、、
ファンフレット 或いは ファンドフレット 若しくは マルチ・スケールと呼ばれたりする パット見た感じ変なベースに関する記事です。

尚、当blogでは ファンドフレット に名称を統一します。

ファンドフレット ベースとは何だろう?

ファンドフレットのファンは扇のファンです。 フレットが扇の様に広がっているという意味です(櫛の長さが違うというニアンスも含まれるようです)



音程により 弦の長さ(スケール)を変えて、各弦の弦振動は最適化され、安定しスムースな音と長いサステインが容易に得られます。
ファンファンドの楽器として代表的なものに、ピアノがあります。 ピアノは音の高さによって弦の長さ(スケール)が違いますよね?
低音では弦は長くなり。高音では短くなっています。
(弦楽器ではないのですが、、木琴もそうですね 笑)

ファンドフレット ベースのメリット

低音の弦と高音の弦でスケールが異なっているので(マルチスケール)低音弦のテンションが(通常のベースに比べ)強くなる。
よって輪郭のハッキリした低音が得られ、弦のテンションが高いので、ビビリ音が改善されます。

もうひとつ 弦のスケールが長めなので、1音下げのダウンチューニングでもテンション感を十分キープできる事もポイントですね。

ファンファンドの利点は 低音弦に分かり易く出ます。

ファンドフレット ベースのデメリット

最大のデメリットは(慣れないうちは)弾きにくい! って事でしょうね(笑)
まぁ「弾きやすい」「弾きにくい」は個人的な問題(慣れ、体型含む)とファンドフレットベース(デザインなど)の相性にもよるので、一概には言えないでしょうが、、

しかし ハイフレットでは弾くにくいでしょう(上手い人なら 問題無いのかな?)

もうひとつ 
スケールが35インチを超えるものもあり、交換できる弦が少ない場合がある
最後に、、、
ファンドフレットベースは価格が高い!(ちょっとちょっと挑戦してみようと思えない金額)
ファンド・フレットをベース界に広めたディングウォールなどは 20万以上

しかし
初心者からでも挑戦しやすいファンドフレットベースがあります

Ibanez / Bass Work Shop Series SRFF800-BKS Black Stained


です。以下 amazonより抜粋・引用

商品の説明

待望のマルチスケール・ベース4弦モデル登場 SRFF800
“確たるコンセプトの元に今まで見たことのない心躍る新しいベースを生み出す”Ibanez Bass Work Shopシリーズより待望のマルチスケール・ベースの4弦モデル”SRFF800”の登場です。
「1弦:33.5” 4弦:34.5”」を採用するSRFF800は低音弦の豊かな鳴りを実現するとともに、高音弦でのテクニカルな運指にもそつなく対応するベースです。

●1弦:33.5 4弦:34.5いわゆるロングスケールから1弦は0.5”短く、4弦は0.5”長い弦長を採用することで粒立ちの良い低音域を実現するとともに高音域でのテクニカルな運指にもそつなく対応します。
●BartoliniR BH2 pickupバランスの良い豊かな中低域にモダンな要素を取り入れたマイルドかつブライトな、言わば新しいバルトリーニサウンドです。
●Ibanez Custom ElectronicsBass/Mid/Trebleの3帯域のトーンをコントロール可能な3-band EQと、ベースの要であるMID帯を効果的に分割する 3-way Mid frequency switch との組み合わせにより音作りをより多彩なものにします。さらにEQ bypass switchでパッシブ/アクティブを選択可能です。
●Mono-rail V bridge隣り合う弦が互いに干渉することがないIbanezオリジナルのモノレールブリッジが弦振動を余す事なくボディに伝えます。

当ページのtop画像で使用したベース
は、価格的には 10万円台です なんとか冒険できる金額ではないでしょうか?




尚 同価格帯で5弦ベースもあります。

ファンドフレットをベースなら5弦が標準だろう? ローBの鳴りが凄い、、、という意見もチラホラ

Ibanez / SRMS805-DTW アイバニーズ


amazonから引用抜粋
2018年モデル マルチ・スケールSR 5弦バージョン
- ジャンル・レスに多くのプレイヤーが弾けることを意識しつつ採用した、Multi Scaleシステム
(低音弦でもテンション感を確保しながら全弦に渡りロー~ハイ・フレット側ともに弾き難さを感じさせないフレットの傾きを採用しています。)
- 曲げや衝撃に対する強度に優れたジャトバ材と、同じく硬質なウォルナット材をラミネートした5ピースのSRスリム・ネック
- なめらかな両面アーチを描くポプラ・バール材TOP、マホガニー材ボディ
- 各弦独立構造のMono-Railブリッジをさらに進化させたMR5Sブリッジ
(サドルが左右方向に±1.5mm可動する構造を持ち、弦間ピッチを一定幅自在に設定できます。)
- タイトなローサウンドと豊かなミッドレンジが特徴のBartolini(R)BH2ピックアップ


amazonの説明ではわからないのですが、
スケールは 1弦34.0インチ 5弦 35.5インチ  です。

ファンドフレット(マルチ・スケール)ベースを始めるついでに5弦デビューもできますね、、逆?に 5弦デビューのついでにファンドフレットデビュー でも良いけど(笑)